CINEDIARY | 洋画ファンの暇なおばあちゃんの独り言

そうめん

22日(火)

昼近くまで足揉み

 

午後バレトンとヨガ

 

なるべく無理のない姿勢でおさすりするように工夫しているが、股関節、座骨、腰椎が痛い。

バントンではバランスが取れなくて片脚立ちの度にヨロヨロ

ヨガでは合蹠座も胡坐も半跏趺坐も1分もすると痛くなる。

 

じっとしていても座骨のあたりに鈍痛

 22日(火)

昼近くまで足揉み

 

午後バレトンとヨガ

 

なるべく無理のない姿勢でおさすりするように工夫しているが、股関節、座骨、腰椎が痛い。

バントンではバランスが取れなくて片脚立ちの度にヨロヨロ

ヨガでは合蹠座も胡坐も半跏趺坐も1分もすると痛くなる。

 

じっとしていても座骨のあたりに鈍痛

 

おさすり1時間半。

初そうめん

 

 

 

 

 

 

6月7日の「Show Stoppers」のチケットが届く。

行けそうな気がしない。

 

行けない場合に備えてずん友さんに預けねばならぬ

おさすり1時間半。

 

6月7日の「Show Stoppers」のチケットが届く。

行けそうな気がしない。

 

行けない場合に備えてずん友さんに預んnん

Category : 未分類
Posted by butchy on  | 0 comments 

マッサージ

19日(土)

朝のおさすりの最中、

「在宅看とりを希望したのは間違いだったかしら」

と言い出した。

「いやいや、ホスピスや病院に入ったら、義姉さんも私も毎日着替えて化粧して通わなくちゃいけないからよっぽど面倒」

本音である。

老々介護は悪いことばかりではない。

なにしろみんな暇人なので人手は十分

若いもんはみんな独立して、部屋が余ってる。

ましてわが本家はしっかり者の嫁を娶った跡取り孫が、徒歩3分のマンションに住んでいて、いざと言う時は誠に心強い。

午後はかつて本家が暫く面倒をみた、姪の親友がおさすりに来てくれるとのことなので、多分用なし。

久し振りにバレトン

好きなエクササイズだけれど、なかなか出られなかった。

シャワー後マッサージチェア

よしえちゃんへ返す i phone をセブンイレブンから発送。

庭師は陶芸

優雅な午後、ずんちゃんお出ましの「さんま御殿」なぞ観てまったり。

さて夕食の支度を、

と包丁を握ったら

「うめこさんが腰をさすって欲しいって」

2時に来た介護士さんのマッサージが荒っぽく、3時に来てくれた姪の親友に気を使い、4時頃見舞いに来た近所の俳句のお弟子さんが、6時近くまではるゆきさんと話し込んで、

耳の遠い二人の大声に苛立ち、トンチンカンなことを言うはるゆきさんに気をもみ

疲れきってしまったらしい。

早目に痛み止めと入眠剤を飲んで、1時間腰をさすったら寝ついた。

夕食のメニューを変更して残り飯でオムライス。

8時には義兄夫婦と4人で通夜と葬儀の相談。

通夜は自宅、告別式は徒歩5分の葬儀場

宿泊する親族の割り振りや連絡先の確認

私はうめこさんの要望で先日撮った写真からの遺影や、フォトフレーム用のスナップの選択と、棺に入れたい着物を聞き出すのが主な役割。

20日(日)

朝食を取り終えたところへおさすりのリクエスト。

5分待たせてトイレを済ませる。

「着ていきたい着物はある?」(着物は全て寸法の合う姪のところへ行く)

「あんたのお母さんから譲ってもらった白地に紫の小紋はどうかと思って」

「あれは袷よね」

「そうだ、もう単衣の季節だ、京都の叔母さんから貰った水色のシルクウールがいいわ。

確認してちょうだい」

さっそく義姉と箪笥を確認。うめこさん満足

午後はゴスペル

歌詞を見ても、2週間に習ったメロディーがまったく思い出せない。

ソプラノパートを聴きながらコードを脳内で辿ってやっと記憶の扉が開く。

仕掛けてあった炊飯器のスイッチを押し、下味をつけておいた肉をオーブンに入れてオートメニューのボタンを押したらうめこさんの許へ。

ベッドの手摺にもたれて背を丸め、はるゆきさんが腰をさすっている。

即、交代

「悪いねえ、オロナイン軟膏を塗ったらどうかねえ」

すまながるはるゆきさん。

1時間足らずで背が伸び、横になることができた。

その後、足のマッサージ。

腰かけていたので、ひざ下の血流が悪くなり、氷のように冷たい。

30分程で少し温まり、眠ったので帰宅。

Category : 未分類
Posted by butchy on  | 0 comments 

三婆ポーセリン

18日(金)

天候が心配されていたが日中は晴れて、庭師はゴルフ

朝食を出して二度寝したら寝過ぎ。
LlNEの返信をしながらブランチしていたらうめこさんから電話。
おさすりのご催促。
もてるんだわー私。

午後は三婆ポーセリン

7月1日の公民館まつりに出展すべく花のお皿を描く



手より口が動く






いくら言っても一度に何枚も葉っぱなどを描くので、絵の具が乾いて修正ができない。
「だから2枚くらい描いたらよこしてって言ったじゃん」
「んなこと言ったって、ついでというもんがあるじゃん
あんた直しといてやぁ」
「まったくもう」
「ほれみい、ちゃんとなったら
うまいもんじゃん」
「だれがさ」

最近デイサービスのリハビリに行き始めたますみさん
「4人乗りのエレベーターに4番目に乗ったら、ブザーが鳴って降りろって言われた」

ますみさんは80kg近い。

「エレベーターが混んでるから階段で行くっつったらだめだって。
先生は階段でスイスイ行くもんで、文句言ったら『私は現役です!』だってさ。
腹立つ」

足のリハビリに来てる80kg八十歳の婆さんに階段で転けられたら施設もたまった′もんじゃない。


婆さん連が帰ったら速攻おさすりおばさんに変身。


サッカー地のパジャマの上から1時間さすっていると手のひらが痺れる。


父ちゃんはいないわ、婆さんたちはくるわ、母ちゃんも隣へ行ったきりだわ

ふゆこはぶちゃむくれ

Category : 未分類
Posted by butchy on  | 0 comments 

またもまとめ

14日(月)

義姉がバス旅行に行くので、今日は一日うめこさん当番。

70年も前のご近所のスキャンダルなど、なかなか面白い話を聞かせてくれた。

 

 

6時から磐田の焼肉「火の国」で葉子の誕生会。

早いもんだわ

 

奉行は次嫁ちゃん

 

 

 

指三本立てるのに集中

 

 

 

 

 

 

 

 

15日(火)

 

うめこさんの枕辺へ庭師が持っていった花の様子を見に行ったら、足のおさすりを所望され、そのまま1時間。

 

 

庭の花が夏めいてきた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウスユキカズラに花が

 

 

 

 

こちらは蕾

 

 

 

 

LINEにユニクロのチラシが

ワイヤレスブラ2枚で¥3980が¥2990

先回のセールで「リラックス」を二枚購入。

痛く気に入り、手持ちのブラを総取っ替えする計画。

ヨガの帰りに寄り、ブルーの「リラックス」と黒の「ビューティーソフト」をGet

追加で¥980のブラトップも

 

 

が、帰宅後の試着で「ビューティーソフト」はサイズが合わないと判明。

あ―ぁ

 

 

 

16日(水)

うめこさんに言わせると私のおさすりは「音楽的」だそうで、よくわからぬがどうも気持ちがいいらしい。

褒められて伸びるタイプでもないけど、わるい気はしないのでメガロスはさて置き午前・午後のダブルヘッダー。

 

筆圧が弱くなって書けないからと俳句の口述筆記。

漢字や送りがな、仮名づかいをひとつひとつ確認しながら三句。

あとで推敲して今週中に投句するとか。

なんたる精神力!

 

夕方急いでユニクロへ行き、「ビューティーソフト」を「リラックス」に交換。

レシートを忘れたけれど、LINEの購入履歴でOKだった。

 

なんか妙に股関節や足腰が痛い。

 

 

17日(木)

義姉のけいこさんが通院のため9時からうめこさん当番。

うとうとしているときはこのところハマっている「Six Feet Under」を見ながらおさすり。

 

几帳面な舅のはるゆきさんは縁側で新聞を束ねている。

10時半すぎに看護師さんが来るというので、うめこさんは寝室から見えるところで作業してほしくない。

「お父さんにやめて片付けてって言って」

いや、まだ40分あるし、来る前に電話くれるし急かすことはない。

 

耳の遠いはるゆきさんに大声で

「お父さん、看護師さんが来るからあと30分くらいで終わって下さいって」

「はいはい、分かりました」

ちゃんと時間内に終った。

 

けいこさんと交代してヨガへ。

股関節をゆるめなきゃ。

 

午後イチでビッグ富士へ。

 

4時からおさすり。

音楽的ねえ。

 

 

 

 嫁入り前の娘がこのボテ腹

Category : 未分類
Posted by butchy on  | 0 comments 

玉三郎越路吹雪を歌う

13日(日)

曇りのち土砂降り

 

朝のひかりで上京

11:00から風OG東京支部会ランチ

 

 

 

 

新丸ビルのタイレストラン「サイアムヘリテイジ東京」

シニア割引で¥2200→¥1500!

 

みんなでよしえちゃんのバイト退職をけしかける。

人間関係も、通勤距離も、業務内容も間尺に合わないのに、人が善すぎてやめられない。

 

スタバで二次会

話し込んで時を忘れ、座間のコンサートに間に合わないかも!!

 

東京→新宿→新百合ヶ丘→相武台前  と、慣れない乗り換えにハラハラドキドキ

雨の中、相武台前のバス停は長蛇の列

ハーモニーホール座間へ行く人がほとんどと分かって心強い。

 

「どなたのファン?」

「越路吹雪さん。

越える方がいらっしゃらなくて・・・」

 

ずんちゃんがいますって!!

 

 

開演7分前到着。

トイレもパンフ購入も間に合った。

 

中通路から二番目センター

FCで買いそびれて「ぴあ」で買ったのが怪我の功名。

お隣がいつもお世話になるずん友さん。

やはり「ぴあ」組だとか。

 

 

玉三郎越路吹雪を歌う

 

 

 

 

座間公演はずんちゃんとマミさん(真琴つばさ)がゲスト

 

昨年の「越路吹雪三十七回忌追善コンサート」に玉さまがゲスト出演したのがきっかけで始まったこの企画。

隅々まで(たぶん採算度外視)玉さまの美意識が貫かれている。

玉さまの日本語が美しいこと!

 

人間国宝ならではの贅沢なステージに立つ、ずんちゃんを見られたご縁に感謝。

 

一歩出れば酔った気分に水を差す豪雨

本日は「風OG東京支部会」「コンサート」のほかにもう一つ、百合ヶ丘の住人マコちゃんとの20年ぶりくらいの再会というトリプルヘッダー。

 

篠突く雨に下半身ずぶ濡れで相武台前駅到着。

新横浜への連絡を考慮して町田でお茶。

 

声楽家のマコちゃんは、愛らしかった高校生からゴージャスなマダムに変身したけれど、昔話に笑い転げる時は半世紀前と変わらず。

 

斯くして、充実の一日は終わりぬ。

 

明日からはうめこさんのおさすり係を全うすべく、決意を固める。

ってほど、大変なことじゃない。

Category : 姿月あさと
Posted by butchy on  | 0 comments